秀丸の酒とゲームとロボットの日々

酒とゲームとロボットが大好きです

酒の日々・読むお酒 蘇東坡『眞一酒』

 世間よりかなり遅れて「ファイナルファンタジー7リメイク」やっているのですが、回り道が多すぎて話がなかなか進まない印象。目的地甲に行くために乙を経由してさらに丙を経由する、みたいな。  

 

 まあそれはおいといて、今回は蘇東坡さんの詩。蘇東坡さんは、恵州に左遷されたときにこの眞一酒を作ったのだそうな。どこにいても、お酒は心の友なのですよ。

 

米麥水三一而已此東坡先生眞一酒也  米麥水、三一のみ。これ東坡先生の眞一酒なり。   

撥雪披雲乳得泓  雪を撥し、雲を披いて乳泓を得たり。

蜜蜂又欲醉先生  蜜蜂、又先生を醉はしめむと欲す。

稲垂麥仰陰陽足  稲は垂れ、麥は仰いで、陰陽足れり。

器潔泉新表裏淸  器は潔く、泉新たにして、表裏淸し。

曉日著顔紅有暈  曉日、顔に著いて、紅、暈有り。

春風入髓散無聲  春風、髓入つて、散じて聲無し。

人間眞一東坡老  人間、眞一東坡の老。

與作靑州從事名  與に作す靑州從事の名。

 

米と麦と水を同じだけ。これがおいらの真一酒。

このもろみ、まるで雪や雲のようにきれいだ。

この味、蜜酒のようにまたおいらを酔わそうとしているよ。

稲穂は頭を垂れ、麦は仰いで、これぞ陰陽。

器は清潔、お水は新しばっちぐー。

飲むと、朝日が当たったようにお顔がぽっ。

春風が骨身に染みて声も出ないや。

この眞一は、この世でおいらだけのもの。

だから、愛しさのあまりお酒の名前を付けたのさ。

 

 どうやら蘇東坡さんは、甘いお酒が好きみたい。

 それにしても、蘇東坡さんが楽しそうで、わが国では免許がないとお酒を作れないのですが、お酒は文化なのですから自由に作らせてくれよと思いましたよ。

 

 超余談ですが、最近経済を回さねばならぬならぬといってばかりの政治屋さんに、経済は「経世済民」(世を経め(おさめ)、民を済う(すくう))の短縮形であることを、その耳元で叫びたい気持ちがてんこ盛りですよ。

 

参考にした本:蘇東坡詩集巻34(道立図書館にあった本のコピーなので、詳細知らず)

       『歴史の活力』(文春文庫)

酒の日々・読むお酒 ボードレール『酒の魂』

 あまりにも部屋がむしむしするので、とうとう除湿器買ってしまいましたよう。大量の水が出てきてびっくりだ。

 今ゲームは、ファイナルファンタジー7リメイクをやってます。最初のチュートリアル的なダンジョンで迷いまくりました。年だなあ。

 

 あ、さて、ボードレールというフランスの詩人は、「悪の華」という詩集にお酒のコーナーを設けたらしいのですよ。この『酒の魂』は、そのなかの一編。かたまりじゃないよ。たましいだよ。

 本来であれば、原詩を載せて自分の訳を載せるべきなのですが、それは無理なので、本(本の作者は沓掛良彦さん)に載っていた訳をお借りします。すみません。  

 

ある晩、酒の魂が壜の中で歌っていた。

「人間よ、おお、親愛なる、廃嫡された者よ。

俺はこのガラスの牢獄と真っ赤な封蠟の底から、

光と兄弟愛にみちた歌を君に向けて歌ってやろう。

 

俺は知っている、俺の生命を生み出し、魂を与えるためには、

燃え立つ丘の上でどれほどつらい仕事し、汗を流し、

焼けつくような太陽を浴びねばならぬかを。

だが俺は恩知らずにも、悪党にもなるまい。

 

なぜなら、俺は労働で疲れはてた男の喉の中へと

流れ落ちるとき、とてつもない喜びを味わうからで、

その男の熱い胸こそは心地好い墓穴で、

俺がいる冷たい穴蔵よりもずっと気に入っているからだ。

 

君には聞こえるかい、日曜日の畳句(ルフラン)の鳴り響くのが、

鼓動している俺の胸の中でさえずっている希望の声が。

食卓に肘をつき、両袖をたくしあげて、

君は俺をほめたたえ、満足を覚えることだろう。

 

陶然となった君の連れ合いの目に、輝きをともしてやろう、

君の息子には力と血色とを取り戻してやろう、

人生を闘い抜くのにはひよわな彼のために、

格闘技をやる男たちの筋肉を強める、香油となろう。

 

植物から生まれた神食(アムブロシア)であるこの俺、

永遠の「種撒く神」の手で投じられた貴重な種子は、

君の体内へと流れ落ちてゆこう、俺たちの愛から詩が生まれ、

それは珍しい花のように、神のところへとほとばしることだろう。」

  

 人がお酒を語るのではなく、お酒がお酒を語るのが斬新です。

 今の時代、お酒はどんな歌を歌っているのですかねえ。

「飲酒運転とか、世の中の悪いことをみんな俺のせいにするんじゃねえ!」

という、怒りの叫びでなかったらよいのですけれど。(飲酒運転は悪いことですよ。悪いのはお酒ではありません、悪いのは、人です。)

 

 超余談ですが、最近のニュースを見ていると、政治家の志(こころざし)がちっとも見えてきません。いったい何がしたいの?

 『字統』で「政」と「治」の成り立ちを見てみたら、正が都邑を攻撃し、征服することを示す字で、その支配のために攴撃(ぼくげき)を加えることを「政」といい、「治」は水を治める儀礼をいう字であろう、だそうです。

 「政」の解説文に、「〔論語、願淵〕に「政は正なり」というのは、儒家の理想論にすぎず、権力はつねに正であった。」とあるのがなんだかなあ。

 いやそれよりもなによりも、ついでに「正」を『字統』で見てみたら、その解説文の中に「政治の目的は(中略)、厳しく査察して不正を許さぬということにあった。」とありまして、それができない政治家は、政治家ではなく政治屋とでも名乗っとけ、てな感じ?

 

参考にした本:『讚酒詩話』(岩波書店

       『字統』(平凡社

酒の日々・読むお酒 大伴旅人『古の七の賢しき人どもも欲りせしものは酒にしあるらし』ほか

 やれやれ、やっとこさ「龍が如く7」のスーパーファイナルミレニアムタワークリアできましたよ。意外とスーパーな支配人は強くなかった。

 

 さてさて、なぜか我が国の和歌には、酒中の趣を詠んだ歌はほとんど無いのですが、その中でも珍しくこの大伴旅人さんという人は、「讚酒歌十三首」という、お酒ばんざいな和歌を詠んだのです。  

 

『駿(しるし)なき物を思はずは一杯(ひとつき)の濁れる酒を飲むべくあるらし』

『酒の名を聖と負せし古の大き聖の言のよろしさ』

『古の七の賢(さか)しき人どもも欲りせしものは酒にしあるらし』

『賢しみと物いふよりは酒飲みて酔泣(ゑするしまさりたるらし』

『言はむ為便(すべ)せむ為便知らず極りて貴きものは酒にしあるらし』

『なかなかに人とあらずは酒壺に成りにてしかも酒に染みなむ』

『あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見れば猿にかも似る』

『値無き宝といふとも一杯の濁れる酒にあに益(ま)さめやも』

『夜光る玉といふとも酒飲みて情(こころ)をやるにあに若かめやも』

『世のなかの遊びの道にすずしくは酔泣するにあるべかるらし』

『今(こ)の世にし楽しくあらば来む生(よ)には虫に鳥にもわれはなりなむ』

『生者(いけるもの)つひにも死ぬるものにあれば今(こ)の世なる間は楽しくをあらな』

『黙然(もだ)をりて賢しらするは酒飲みて酔泣するになほ若かずけり』

  

 陶淵明さんがしみじみ、李白さんがおおらか、白楽天さんがほのぼのだとすれば、大伴旅人さんはめそめそ?やたら酔って泣く感じ。

 なんでも「讚酒歌十三首」は旅人さんが太宰府に左遷させられたときに詠んだ歌なのだそうです。つらかったんだなあ。

 涙はね、心を洗ってくれる。そしてお酒はね、心がどん底に落ちるのを少しだけ遅らせてくれるのです。

 

 超余談ですが、最近ネット上にいろいろな情報が散乱いたしてまして、その情報を基に他人を攻撃する人がやたらいまして、つくづく宮城谷昌光さんの小説『呉漢』にある「話半分」の難しさを痛感します。

 そこで、「話半分」のおさらい。

「人の話のなかの妄と信をいちいち鑑別することはとうていむりである。また、そのときは妄だとおもわれたことが、時間が経ってから、信に変わることもあろう。それゆえ、人の話を半分に割ることは理に適わない。つまり話半分というのは、きいたという事実を一とすれば、その半分に縮小しておくということではないのか。そうすれば半分が空く。たとえばいま、祗登にかぎってそんなことをするはずがない、とおもったのであれば、そのおもいを、空いた半分にいれておく。話半分、とは、そういうききかたをいうのではないか。」

 

参考にした本:『讚酒詩話』(岩波書店

       『呉漢』(中央公論新社

酒の日々・読むお酒 李白『友人會宿』

 いやー、もうはや1年の半分が終わってしまいました。ニセアカシアの花も散って、いよいよ本格的な夏到来です。  

  夏といえばキャンプ、というわけで、今回は意外とアウトドア派?な李白さんの詩。

 

滌蕩千古愁  滌蕩す千古の愁

留連百壺飮  留連す百壺の飮。

良宵淸宜談  良宵 淸談に宜しく

皓月未能寢  皓月 未だ寢る能はず。

醉來空臥山  醉ひ來つて空山に臥すれば

天地卽衾枕  天地は卽ち衾枕。

 

たまりにたまったうっぷんをすっきりこん

 なかなか飲むのをやめられない。

いい夜だ、話も弾む

月もきれいだし、まだ寝るのがもったいない。

ああとうとう酔いが来ちゃった誰もいない山だもん寝っ転がっちゃえ

天は寝巻で地は枕。

 

 うーん、やっぱり李白さんの詩は、直球ど真ん中、心にすとーんと入ってきます。

 このご時勢、外にはなかなか出にくいですが、適度な距離を保って、極上の寝巻と枕に包まれに行きたいものです。おいしいお酒と一緒に。

 

参考にした本:『中華飲酒詩選』(筑摩書房

酒の日々・読むお酒 エルベ・ル=テリエ「琥珀色の中に思い出が見える」(『カクテルブルース in N.Y.』より)

 『カクテルブルース in N.Y.』は、フランス人がニューヨークのジェイズ・バーを舞台に描いた、カクテルショートストーリー。登場人物は、ジェイズ・バーのオーナー兼バーテンダーのジェイ、ピアノマンのアルシー、ウェイトレスのローズ、そしてジェイズ・バーを訪れる客。

 

 ピアノマンのアルシーが、昔の家族写真を見ています。その写真の脇に、ラスティ・ネイルのグラスを置くジェイ。こんな写真を見るには、ラスティ・ネイルの反射光くらいがちょうどいいんじゃない?なんてからかいながら。

 実際には、時の流れに侵食され、もう何が写っているか分からない写真。それでも、アルシーにはみんなの顔が手に取るように分かるのです。ジェイは分かってくれてるんだろうなあ。何故かって?

 どうしてなのかってな、氷がグラスの中で渦を巻き、二つの琥珀色したアルコールがキラキラと混じりあうその時、奴の視線は、リキュールとモルトの甘い熱気の中で溺れてしまう。 そして焼けた道路から立ち昇る熱気のように、いろんな思い出が、 奴の頭の中でゆらゆら舞い上がる様子が、俺には見えるからさ・・・・・・。

 

 この本に載っているラスティ・ネイルのレシピは、スコッチ・ウイスキー30ml、ドランビュイ30ml。氷を入れたグラスに入れ、ステア。個人的には、半々だと甘すぎる気がします。

 まずグラスの上で深呼吸して香りをたっぷり体に入れて、それからグラスを明かりにかざすと、リキュールとモルトのゆらぎが、どんな思い出も甘く包んでくれる、気がします。

  

 最近はバーに行けてないですけれど、やっぱりカクテルはバーで飲みたいですよねえ。 

 

 

参考にした本:『カクテルブルース in N.Y.』(求龍堂

漢字の日々 「言」(ゲン)

 漢字のお話、なんたび?

  

  前回「信」を『字統』で引いてみたら「人と言に従う」とあったので、じゃあ「言」って何なのだ、ということで「言」を引いてみたら・・・というお話。

  

 「言」辛(しん)と口とに従う。辛は入墨に用いる針の形で、盟誓のときには自己詛盟を行い、もし違約のときには入墨の刑罰を受けることを示す。口は f:id:hidemaru1:20200618194509j:plain(さい)で、盟誓の書を入れる器の形。その盟誓の書を載書というので、f:id:hidemaru1:20200618194509j:plain をサイの音でよむ。言はその器の上に辛(はり)をおき、神に盟誓することばをいう。(中略)言は自己詛盟して他に呪詛を加える攻撃的なことばであり、これに対して語は防禦的な祈りのことばをいう。(後略)

 ちなみに「」の読みは、ゲン、いう、ことば。

 いやはや、「言」の口がくちではなくて、針を入れるお皿だということにびっくりだ。何というか、「嘘ついたら針千本飲ます―!」てな感じ?

 言が攻撃的で、語が防御的というのも面白い。じゃあ「言語」で、攻めも守りも完璧だ。

 そういえば、「言」を「ことば」と読むのは何でだろな、とふと思ったので、今度は『字訓』で「ことば」を引いてみよう、と思ったら、「ことば」は載っておらず、「こと」がありました。

 「こと」【言・辞・詞】。ことばとしていう。ことばと事実とは、もとその実体が不離のものであるから、言(こと)はまた事(こと)である。その外にあらわれるものを区別して、「ことば」という。「こと」と「ことば」とは、古代においては実体として連なるものであるから、「ことば」が実体のもつ呪能ををもちうるのであり、そこに、「ことだま」「ことあげ」「ことだて」のような語が生まれる。(後略)

 なるほどねえ。「ことば」はそれだけ力をもつものだから、軽々しくないものをあると言ったり、あるものをないと言ったりしては駄目なのですよ。特に政治家さんは。

 

 それにしても、漢字の成り立ちを調べるたびにつくづく思うこと。

 今私たちが使っていることばは、中国からやってきて、それを昔々の日本人が長い年月をかけて自分たちのものにしていった。中国の文字がなければ、今私たちが使っていることばはなかった。そのことは、忘れないでほしいです。(今の中国を擁護する気は、さらさらありませんが。)

 

 

参考にした本:『字統』、『字訓』平凡社

酒の日々・読むお酒 太田蜀山人『朝もよし昼もなほよし晩もよしその合々にちょいちょいとよし』

 いやー、6月に入って一気に夏らしくなりましたねえ。こんな時こそ「ガリガリ君サワー」の出番ですよ。

 漫画『酒のほそ道』に載っていたのでやってみたのですが、氷いらずでなかなかいけます。私のお気に入りは白ワインに梨味。でも、梨味があまり売られていない・・・。

 

 それはさておき、太田蜀山人蜀山人は南畝の別号だそうですが)という人は、江戸時代中・後期の有名な文人だそうですが、の、お酒大好きな狂歌

朝もよし昼もなほよし晩もよしその合々にちょいちょいとよし

  確かに、朝飲むお酒って夜のそれとは違って、嬉しさ倍増といいますか、「わーい飲んでいいんだ―」的なおいしさがあるのですよ。昼飲むお酒も、開放感がある感じ。

 まあ、あまりちょいちょい飲みすぎると、体壊して禁酒するはめになって、で結局、

『わが禁酒破れ衣となりにけりさしてもらはうついでもらはう』

なんてことになりますので、お気をつけあそばせー。

 

 超余談ですが、古代中国の戦国時代の人である韓非さんが記した『韓非子』の中に、

 「小信成るときは、すなわち大信立つ。ゆえに明主は信を積む。」

 ということばがあります。

 普段から民に対して真摯に対応していかないと、いざという時に何を言っても信用されなくなるのですよ、「主」の人さん。

 ちなみに、『字統』で「信」を引くと、「人と言に従う。言は誓言、神に誓うことばである。」だそうで、孔子さんは「政の大本は、食と兵とを充足し、民を信ぜしめることの三者にあるが、もしやむをえずその政策を放棄するときは、先ず兵を去り、次に食を去るも、信は政治の絶対条件である」とおっしゃったと解説文にあります。

 で、解説の最後に、「大ていの政治は、これを倒逆した形で行われている。」とあるのが面白い。

 

参考にした本:『酒・肴おもしろ雑学とっておきの話』(三心堂出版社)

       『歴史の活力』」(文春文庫)

       『字統』(平凡社